事故車の買取を依頼する際は報告を忘れずに

事故車の買取を依頼する際は報告を忘れずに

車の買取は、買取専門の業者に頼む方がディーラーよりも高い査定額を提示される場合が多く、契約が成立すればすぐに売却できる便利なサービスです。
しかし、その際に注意する事があります。
それは「再査定」です。
これはいったいどのような事でしょうか?例を挙げますと、業者に車を売却してからしばらく後になってから「改めて査定をしたら事故車であることが分かったので査定額を減額します」と言われることがあります。
さらに売却をキャンセルしようとすると解約金を請求される場合もあります。
このような事態にならないためにはどうすればよいでしょうか?売買契約において故意に事故歴を隠した場合は売った側に責任が生じますが、あらかじめ事故歴を申告していたり、中古車を購入していたので元の状態がわからなない場合は責任は生じません。
そもそも業者は査定の際に事故車かどうかわかるはずですので、この際の過失は売る側に生じる事はまずありません。
もし買取業者からこのようなクレームを場合は、最寄りの生活センターなどに相談をすると良いでしょう。