バイト先のカフェのコーヒーマシンはメンテナンスの時期です

バイト先のカフェのコーヒーマシンはメンテナンスの時期です

カフェでアルバイトをしています。
お店のコーヒーマシンが時々止まる事があり、店長に相談したところ、来月に予定されていたメンテナンスを繰り上げて、近日中に対応してもらうという事になりました。
私は大学生ですが、1日に大半はこのカフェにいます。
地方から上京して、ワンルームマンションで生活をしているのですが、同じ建物の1階にこのカフェがあり、暇な時間が出来たらこのカフェに来て店長と話しをしたり、必要に応じてアルバイトをしたりして過ごしています。
このカフェは、私と同じ大学の学生が多く利用していますが、サラリーマンや年配の常連さんも多く来られます。
その理由として、何よりも美味しいコーヒーが飲める事です。
マスターがオリジナルでブレンドしたコーヒー豆を使って、少し年季の入ったコーヒーマシンで淹れたたコーヒーは、香りが高く、程好い苦みと酸味が絶妙のバランスで、学生から年配の人までファンの方がたくさんおられるのです。
私も一度飲んですぐにファンになりました。
今でもこのコーヒーマシンで美味しいコーヒーのサービスは出来るのですが、少し調子が悪いようなので、早くメンテナンスの担当者が来てくれる事を願っています。

閉店後にメンテナンス会社の人がコーヒーマシンの点検に来ました

店長が手配をしてくれたので、お店のコーヒーマシンのメンテナンスはすぐに対応してもえる事になりました。
但し、営業が終わってからという事で、夜7時から対応してもらう事になりました。
その日は店長が不在で、私が立ち合う事になったのですが、バイト代がいただけるという事なので、喜んで引き受けました。
メンテナンスの担当者は、思ったよりも年配の方で、かなりベテランという感じの人でした。
その人の話によると、このコーヒーマシンは、結構古いタイプの物で、当時はかなり高額の機種だったようです。
でも美味しいコーヒーが淹れられるという事で、とても人気のあった名品だという事でした。
最近は新しい機種に入れ替えが進んでいて、この機種の利用が少なくなってきているみたいです。
会社のコーヒーマシンのメンテナンスについて調べてみる
でもこの店ではとても丁寧に使われているみたいで、メンテナンスの担当者の方は嬉しそうでした。
閉店後の後片付けや店内の掃除などをしている間に、メンテナンスは終了して、担当者の方は帰られました。
帰り際に、これからもこのコーヒーマシンの事をよろしくお願いいたしますと言われました。