どのような手順で横浜で会社設立を行うのか

どのような手順で横浜で会社設立を行うのか

兄が初めて横浜で会社設立を行うので、どのような手続きが必要なのか調べていました。
まずは会社の概要を決めます。
次に会社の実印の作成と定款を決めましょう。

定款を作成したら、公正証書役場で手続きをします。
登記の申請などこれらの作業が終わったら出資金の払い込みをします。
登記書類の作成をして登記申請が必要です。
登記が完了したら謄本や印鑑証明書を法務局で取得しましょう。
会社の実印が出来上がったら、会社の近くにある銀行で法人用の口座を新たに開設します。
ここまでの手続きが完了したら、担当の税務署に横浜での会社設立の届け出をすると主な手続きの完了です。
自分で行える手続きもありますが、専門家に代理で行ってもらう事が多いのがこの作業です。
会社を立ち上げる時はやるべき作業がかなり多いからです。
私の兄も最初はとまどっていた横浜で行うこれらの手続きは、手順を理解して場合によっては専門家に依頼をして会社設立を完了する方法が考えられます。