なぜ勤怠管理が必要なの?

なぜ勤怠管理が必要なの?

勤怠管理というと、会社勤めの方であっても私には関係ないと考えている方も多いかもしれませんが、実は、給与計算システムと併せ人事管理システムの重要な一部なんですね。
なぜなら、勤務形態が正社員、派遣社員、契約社員、嘱託社員、パート、アルバイトなどとすっかり多様化し、また、フレックスタイム制の導入や、さらに進んだ在宅勤務を採り入れる企業の増加など、働き方の流れも大きく変わろうとしている時代にあって、毎月の給与の計算も複雑多岐になってきているからです。
勤怠管理の基本データである出勤・退勤時間や欠勤状況を把握するためのシステムも、従来のタイムカードだけでなく、身近な携帯端末からインターネットを介してセンターのサーバーに集積するような高度なシステムも当たりまえになりつつあるようです。
勤怠管理がおろそかになっていませんか
企業の側がしっかりと勤怠管理を行うことによって、働く側の従業員にとっても、たとえば残業した分はきちんと支払ってもらうことでモチベーションも高まり、相互の信頼関係が育まれていくのではないでしょうか。