歯冠について渋谷区の歯医者と相談する

歯冠について渋谷区の歯医者と相談する

渋谷区の歯医者さんで治療を受けながら、最終的な治療について歯科医から色々な説明を受けました。
私のように、永久歯をほとんど削らなければならなくなってしまった場合、いくつの治療法があります。
まずは、削った部分に樹脂や金属を埋める方法です。
もっと簡単な方法ですが、削る部分の大きさによっては適用が難しい場合もあります。
また、充填物が取れてしまう可能性もあります。
あとは、人工の歯をかぶせる治療法です。
但し、この方法は、歯根が残っていることが前提となるため、歯を抜いてしまった場合は適用できません。
歯にかぶせるものを歯冠といいますが、この歯冠には、色々な種類があります。
例えば、硬質レジンジャケット冠、銀歯、オールセラミック冠、ハイブリッドセラミック冠、などです。
学生の頃は、そうした歯があった場合、銀歯を選んでいました。
なぜなら、銀歯は保険適用になるからです。
一方、セラミック冠は、見た目が自然で丈夫ですが、保険適用外となり、その金額は大きく異なります。
私は渋谷区の歯医者さんと相談しながら考えた末、セラミック冠で治療してもらうことにしました。