世田谷区での粗大ごみの捨て方

世田谷区での粗大ごみの捨て方

引越しや大掃除、部屋の模様替えをしようとしたときに困るのが、粗大ごみの処理ではないでしょうか。
世田谷で回収してもらえるのは一辺の長さが30センチ以上のものと指定されています。
粗大ごみと判断されるものは具体的に決まっていて、30センチ以下に解体したとしても、カーペットや家具、自転車、布団などは捨てるのに手数料が取られます。
また、世田谷区ではエアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機はリサイクルしなければならないと定められており、捨てることはできません。
回収を依頼する際は行政に電話かインターネットを通じて事前の申し込みが必要です。
その後収集日を指定され、料金に応じた粗大ごみ処理券というシールをコンビニやスーパーで購入し貼り付けて収集日になったら収集場所に持って行きます。
収集日は朝8時までに出さなくてはならず、世田谷で粗大ごみを処理するには相当面倒な手続きと手間が必要なのです。
時間の融通がききにくいため、一人暮らしで時間が取れない方や力のない方は捨てるのだけでも大きな負担となってしまいます。

粗大ごみで出せない不用品の世田谷区での処分

エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機は、世田谷区で設定されている家電リサイクル法の対象品目のため、粗大ごみとして出すことができません。
処分する際は、これらの商品を新しく購入する店舗か、以前購入した店舗に引き取ってもらうか、リサイクル受付センターに申し込んで回収業者に引き取ってもらう、もしくは、家電リサイクル券というシールを自分で購入して引き取りを行っている場所へ持ち込むことになります。
いずれも処分をするにはリサイクル料金が必要で、不用品の運搬や収集費用がさらにかかる場合もあります。
また、事業活動で出たごみは、量が少なく家庭ごみの収集に支障を来たさない場合は回収してもらうことができますが、粗大ごみは、世田谷区の行政サービスでは持ち込みすらできず、全く引き取ってもらうことができません。
自分で廃棄物処理の専門業者に依頼して、処分費用を支払って処理をします。
世田谷区の行政で引き取ってもらえない家電や、処分したい粗大ごみが複数ある場合や手続きや申し込みが煩わしいという場合には、民間の不用品回収業者に依頼する方も多いです。

不用品や粗大ごみを世田谷で処分するなら回収業者を

世田谷では処分したくても引き取ってもらえない家電やごみの種類があったり、粗大ごみの回収のための手続きや回収日のスケジュール調整の融通がききにくいなど、処分したいときにすぐできないというデメリットがあります。
また、複数の粗大ごみがある場合、回収場所までの運搬が大変で、余計にお金がかかってしまうこともあります。
民間の回収業者をうまく活用すれば、回収の際かかるお金を少なく済ませることができる上、行政では引き取ってもらえないものでも回収してもらうことができます。
行政では処分するときにごみの一つ一つにお金がかかりますが、回収業者によっては複数のものでも一律の料金で回収してくれる場合があります。
粗大ごみは世田谷で片づけるべき
回収日のスケジュール調整も柔軟に対応してもらえ、空きがあれば当日の処分でも対応可能な業者もあります。
回収場所まで運搬する必要はなく、自宅まで引き取りに来てくれる場合が多いので、世田谷区の行政に粗大ごみ処分の依頼をするよりも回収業者の依頼したほうが多くのメリットを得られることが多いのです。