生後間もない赤ちゃんの知育玩具としてぴったりのおもちゃ

生後間もない赤ちゃんの知育玩具としてぴったりのおもちゃ

生まれたばかりの赤ちゃんは未発達で一見何もできなそうに思えますが、皆さんが思っている以上にさまざまなことを感じ取っています。
その中でも聴覚は早くから機能しており、生後3か月頃には音を認識して、大人と変わらない反応を示します。
この時期にお勧めする知育玩具は、音のなるおもちゃがお勧めです。
例えば、赤ちゃんの小さな手でも持つことができるサイズで、振れば音が出る「ガラガラ」や、形は球状でも大きな穴がたくさん開いてあり、簡単に指が引っかかり持つことができ、投げたりすると中に入っているビーズがカラカラと音を立てる「ラトル」などがあります。
これらのおもちゃは、赤ちゃんが口にいれたりかじったりしても問題が無いように塗装がしてあっても無害なもので、洗浄や消毒などの手入れができて常に衛生を保つことができるようになっています。
また、赤ちゃんがこのようなおもちゃで遊ぶことで指先をよく動かすことになるので、脳の発達に効果が表れ、まさに知育玩具としての役割も果たすのです。