インターナショナルスクールに入学させる方法

インターナショナルスクールに入学させる方法

子供をインターナショナルスクールに入学させたいと言う親御さんは、私の周辺でも思った以上に多くいます。
なぜそう思うのかは、人それぞれかもしれませんが、日本人の根底にある英語コンプレックスが影響しているのは否定しきれないかもしれません。
だからと言って簡単に入学できるわけではなくて、在日外国人や3年以上海外に在住した帰国子女しか入れない所がほとんどだったのですが、新設のインターナショナルスクールでは、一定の条件を満たせれば一般の日本人でも入学する事もできるようです。
インターネットの発達により、新聞やテレビのニュースよりも速いスピードで、世界中で起きている事件がリアルタイムで飛び込んでくる世の中になりました。
世界の公用語と言われる英語を完璧にマスターして、一流の国際人と言われる人になって欲しいと、願う親が増えているのかもしれません。
インターナショナルスクールは、その夢を叶えるための第一関門と言えるのかもしれません。

なぜインターナショナルスクールは人気があるのか

日本人の中でインターナショナルスクールは、なぜこんなに人気があるのでしょうか。
芸能人のお子さんたちが通っていると言う噂を、耳にすることがあります。
聞くところによると、小中高一貫のインターナショナルスクールは、年間の授業料が200万円ほどかかると言う事で、経済力も伴わなければ卒業までの12年間の学校生活を継続させる事ができません。
スクールによっては、アメリカの高校の卒業資格の認定が受けられるので、アメリカの大学に進学する事も可能になり、将来の選択肢が増えるわけです。
日本にいながら日常会話を英語で話し学校生活を送られるならば、ネイティブスピーカーのように英語を話せるようになるのは間違い無いと言えるでしょう。
インターナショナルスクールで海外について学ぶ
少子化と言われて久しい今日、一人の子供が大学を操業までにかかる費用が、2000万円とも3000万円とも言われています。
インターナショナルスクールに子供の未来を託す親は、ますます増える気がします。