豊島区の税理士は働く女性を応援しています

豊島区の税理士は働く女性を応援しています

最近では社会に出て働く女性が増えてきました。
特に、豊島区ではその数が多く共働きの世帯が多いです。
それに、シングル家庭も多くなってきている事から税理士になって自分で税金対策をして生活する人もいます。
意外と税理士の試験と言うのは難関であり、合格する事が難しい物だと言われてきましたが、豊島区ではそれを目指している女性や働きに出たいと考えている女性に対しての支援や手当が整っています。
年々多くなっているシングル家庭には、女性だけではなく父子家庭もある事からそのような家庭の支援も手厚く行い、子供が決して一人にならない環境を作るようにしました。
夜に仕事をする場合には遅くまで子供を専用のセンターに預けてその中で24時間体制で子供を保護する活動も積極的に行っています。
ですが、これはあくまでもボランティア団体の活動の一部として見られており、経営の部分も税理士が行っている場合もあります。
ですが、近年になってその活動の成果が実り豊島区では助成金が出るようになり、支援の手が厚くなりました。

女性の為の税金の対策をする税理士が豊島区には多くいます

男性のように女性は長く社会で働く事が難しい場合があります。
ですが、豊島区では社会に復帰したい女性を助けるために税理士が女性の為の税金対策として様々な形でセミナーを開催しています。
内容は前の記事でも紹介したように、シングル家庭の税金対策や妊娠や出産をすると、税金はどうなるのかなど女性にまつわる内容が中心です。
ですが、意外にも男性も参加している場合があります。
前の記事でも紹介したように、父子家庭も多く存在している事から、誘われて参加する人や自ら積極的に話を聞いている人など様々です。
税金の支払いは国民の義務でもあるのですが、お金に余裕がないと一気に払う事が出来ない場合があります。
その為、税理士はそのような特殊な家庭環境にのみ税金の支払いの期間を長くしたりして、追加課税をしないように豊島区では今動き始めています。
自ら、事務所を立ち上げた女性の税理士もいてそのような活動を中心として、か弱い立場である人達の税金が少しでも軽くなれば良いと思い日々奮闘しています。