資格が必要な現場監督の求人

資格が必要な現場監督の求人

工事現場で指揮を取る現場監督の仕事は資格がいる職業。
工事現場で働いていればそのうち就ける、求人に応募してすぐに就けるというものではなく、建築士や建築施工管理技士の試験に受かって資格を得る必要があります。
私たちは普段自然と建物の中で暮らしていますが、その家や建築物を建てるという行為はとても大変で、常に危険と隣り合わせです。
そんな建築現場を仕切る仕事は安易な感覚で就けるようにしてはいけません。
厳しい試験に受かり、経験を積んだ人間が行うべき職務なのです。
でなければ、工事や建築現場で事故が起こってしまったり、私たちの住む街の建物で安心して暮らすことができなります。
求人を見ていると資格がなくても現場監督になれることもあるそうですが、ものすごく長い年月の実務経験が必要になります。
通っていた学校によってその年月には違いがありますが、資格がない分さらに厳しくなり、現場監督になるにはかなりの時間と労力が必要になってくるのです。